価格.com

引越し

引越し蕎麦の由来は?いつ食べるの?

引越し手続き完全ガイド 費用を安くするコツや手続きリストなど、効率よく引越しできるお役立ち情報をご紹介します。
  • 引越しトピックス

引越し蕎麦の由来は?いつ食べるの?

更新日:2016年12月8日

「引越し蕎麦」という風習があるのをご存じですか? 起源である江戸時代と現代の習慣の違いや、食べるタイミングをご紹介します。

引越し蕎麦の起源と由来

引越し蕎麦は江戸時代中頃に江戸を中心に行われていた、引越しの挨拶品として蕎麦や蕎麦切手という商品券を向こう三軒両隣(※)に配っていた風習が始まりといわれています。東京を中心とした関東では、昭和の初めごろまではよく行われていて、形を変えながら現在も親しまれています。

※自分の家の向い側3軒、左右2軒の家

由来は「おそばに越してきた」のしゃれ言葉

なぜ蕎麦を配るようになったのかは、「そば」に引越してきたことにかけたしゃれ言葉で、「おそばに末長く」「細く長くおつきあいを」という気持ちが込められています。
蕎麦を配る以前は小豆餅や小豆粥を振る舞っていたのですが、どちらも高価であったため、比較的安価な蕎麦になったという説もあります。

現代の引越し蕎麦はどう変わった?

最近は、ご近所に蕎麦を配る昔ながらの引越し蕎麦の風習はほとんどなくなり、家族や当日手伝ってくれた親族や友人たちと蕎麦を食べることが多いようです。
今は近所に蕎麦まで配る必要はありませんが、タオルや洗剤などの日用品、お菓子などを持って挨拶に行くとよいでしょう。

引越し蕎麦を食べるタイミング

引越し蕎麦はもともと近所に蕎麦を配るという風習なので食べるタイミングに決まりはありませんが、引越し当日の昼食や夕食として食べる人が多いのではないでしょうか。引越しをしたばかりで様々な調理器具の荷解きと整理を済ませ、手の込んだ料理を作るのは大変です。蕎麦なら鍋や箸など少ない調理器具で作ることができます。物の運び入れが終わり、荷解きが少し落ち着いてから引越し蕎麦を食べるのがよいでしょう。

そのためには電気・ガス・水道を使える状態にし、蕎麦の材料や調味料などもダンボールから出せるようにしておくことが必要です。近所に蕎麦屋があれば、外食したり出前を頼んだりしてもよいでしょう。

関連記事

スマイティ 不動産住宅情報サイトのスマイティ

引越し手続き完全ガイド

引越し前にやること

日程を決める
業者を決める
住居の手続き
住所変更
荷造り・梱包
不用品処分・掃除
専門業者に依頼

引越し前日にやること

引越し当日にやること

引越し後にやること

引越しトピックス

引越し関連コンテンツ

ネットでカンタン入力

新生活応援キャンペーン!光回線・格安SIMがセットでさらにお得!

あなたの引越し料金を調べましょう。1人1人ちがう荷物量や、あなたがお住まいの地域によって対応できる引越し業者も様々。実際の引越し条件を入力して、あなたの引越し料金を知りましょう。

  1. 1 現在の郵便番号
    郵便番号を調べる
  2. 2 引越し先の住所
  3. 3 引越し人数

見積もり無料、入力はたった3分

一括見積もりスタート

このページの先頭へ

Copyright © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止