単身の引越し料金相場

ホーム > 引越し > 単身の引越し料金相場

単身引越しの料金相場とサービス比較 ポイントをおさえれば引越し料金は安くなります

あなたの引越し料金を調べましょう

あなたの条件にマッチした引越し業者を複数ご紹介。その中から見積もり依頼したい業者を選べます。

現在の郵便番号郵便番号がわからない方はこちら
引越し先の住所
引越し人数
見積もり無料、入力はたった3分

単身引越しの料金相場

引越し料金は「荷物量×移動距離」で決まります。
特に荷物量については、運ぶ荷物の量を減らすことで利用出来る特殊なプランがあるため、
初めて一人暮らしをする場合や、単身赴任で引越しを行う場合は詳細を確認しておきましょう。

〜15km未満
市区町村内
〜50km未満
都道府県内
〜200km未満
同一地方内
〜500km未満
近隣地方
500km〜
遠距離地方
単身 荷物小→荷物が多い場合 平均28,968 平均31,938 平均42,901 平均54,491 平均54,229
「単身引越しの料金相場」のポイント

荷物はなるべく減らす

持ち運ぶ荷物が少ない方が引越し料金は安くおさえられます。
本当に必要なものかを検討し、運ぶ荷物は最小限になるよう調整しましょう。

図:荷物はなるべく減らす

あなたの引越し料金を調べましょう

1人1人ちがう荷物量や、あなたがお住まいの地域によって対応できる引越し業者も様々。実際の引越し条件を入力して、あなたの引越し料金を知りましょう。

  • 現在の郵便番号

    郵便番号がわからない方はこちら

  • 引越し先の住所

  • 引越し人数

見積もり無料、入力はたった3分

一括見積もりスタート

単身引越しで使えるプラン

それでは単身引越しで使えるプランを確認しましょう。
単身引越しで利用出来るプランは大きく2つあります。

1つ目は大きさの決まったコンテナに荷物を積み込んで運ぶ「単身パック」プランです。
2つ目はトラック1台に荷物を積み込む「単身プラン」です。

名前がよく似た2つのプランですが、何が違うのでしょうか?
ここでは主に単身パックを使って料金を安くおさえる方法についてご紹介します。
どんな条件が単身パックにあっているか確認してみましょう。

図:単身パックと単身プランの違い

単身パック

荷物量が少ない場合に利用出来るプランが単身パックです。
特徴は「訪問見積がない」こと「ダンボール配布がない」ことです。

単身パックでは荷物はコンテナに入るだけと決まっているため、訪問見積もりがありません。
また、「ダンボール配布」がなく、自分でダンボールを手配して梱包する必要があります。

それでは、単身パックプランを利用する上で重要な項目について確認しましょう。

荷物量

荷物は引越し業者が用意するコンテナに入りきる事が条件となります。
引越し業者と見積もりの詳細を詰める前に業者のホームページに掲載されているコンテナのサイズを確認し、自分の運びたい荷物が乗り切るかを確認しておきましょう。

ポイントは、全ての荷物をダンボールに入れることを一度想定することです。

図:コンテナ目安

例えば、縦255mm×横315mm×高さ175mmのダンボール想定では、コンテナに詰めるダンボール数は約72箱です。
※コンテナサイズ:縦80cm×横110cm×高さ150cmを想定

実際はダンボール以外もコンテナに乗せるため、想定よりもダンボールの数は減ることになりますが、
梱包の目安になるので確認しておきましょう。

単身パックではダンボールを自分で用意することになりますが、コンテナのサイズにあったダンボールを準備することで、コンテナのムダなスペースを減らすことが出来ます。

また、注意事項としては単身パックでは運べない荷物があります。
ピアノなどの分かりやすいものもありますが、運べない荷物は業者によって違うため、見積もり時に確認しておきましょう。

一般的に単身パックで運べないもの

ピアノ タンス(大) 冷蔵庫(3ドア以上) 組み立て式家具(ベッド・机) エアコン 自転車

「自転車」については運べないことはないのですが、ハンドル部分がムダなスペースとなり、乗せられる荷物が少なくなるためオススメしません。

判断に迷う場合は引越し業者に確認し、単身パックが最適なのかを相談しましょう。

単身プラン

相談の結果、荷物量がおおくコンテナに入らない場合は「単身プラン」を利用することになります。
単身プランは1トン以上のトラックをチャータし、引越しを行う一般的なプランです。

コンテナで運ぶ単身パックよりも多くのスペースを確保出来るため、大きいタンスや3ドア以上の冷蔵庫も運ぶことが出来ます。

ただし、運ぶ荷物が多すぎるとトラックの容量を増やす必要が出来てしまい、料金の増加にもつながるため注意が必要です。

引越し業者と相談し、状況にあったプランを使い分けましょう。

「単身引越しで使えるプラン」のポイント

状況に応じてプランを使い分ける

以下の項目を中心に検討を進めましょう。

  • 荷物が少なく量が決まっている
  • ダンボールを自分で準備できる
  • 大きな家具は運ばない
単身パック
  • 荷物が増える可能性がある
  • ダンボールは業者に準備してほしい
  • 大きな家具を運ぶ予定
単身プラン
※単身パックコンテナサイズ・目安
サイズ: 80cm×110cm×150cm程度 / 荷物量目安:冷蔵庫1台、レンジ1台、薄型テレビ(小)1台、ダンボール(中)10個、掃除機1台
※詳細は各業者にてご確認ください

あなたの引越し料金を調べましょう

1人1人ちがう荷物量や、あなたがお住まいの地域によって対応できる引越し業者も様々。実際の引越し条件を入力して、あなたの引越し料金を知りましょう。

  • 現在の郵便番号

    郵便番号がわからない方はこちら

  • 引越し先の住所

  • 引越し人数

見積もり無料、入力はたった3分

一括見積もりスタート

単身引越しレポート

  • 相見積もりをとった中で一番安く、作業にも大満足です
    【引越し作業】 オプションで梱包サービスを利用しました(パソコン関連の梱包に自信がなかったため)さすがにプロは手際が良かったです。
    【サービス】 単身パックにもかかわらず、自宅に来てくれて詳細見積もりを出していただきました。
    【接客対応】 誠実な感じの方たちで、接客態度には好感が持てました。
    【料金】 数社で相見積もりを取ったのですが、一番高い業者の3分の1の料金で済みました。
    【総評】 題名にも書いた通り、非常に満足しております。皆さんも相見積もりは必ず取った方がよいですよ!
  • 電話対応の方がとても感じが良かった
    【引越し作業】しっかり包装してくれスムーズに終わりました。
    【サービス】洗濯機の取り付けを自分で行うため、見せてくださいと伝えていたのですが、気付いたらもう終わっており説明も無かったので残念でした。
    【接客対応】電話の方の対応がとても良かったです。料金やサービスについてしっかり説明してくれてとてもわかりやすかったです。
    【料金】時間帯を選ばない事で料金の方も相談に乗ってもらいとても良かったです。
    【総評】思っていたよりも早く作業も終わり満足です。
  • 単身のレポートをもっと見る

このページの先頭へ