価格.com

引越し

引越しでベッドは持っていける?ベッドの運搬方法と処分の仕方

引越し手続き完全ガイド 費用を安くするコツや手続きリストなど、効率よく引越しできるお役立ち情報をご紹介します。
  • 引越し前にやること
  • 専門業者に依頼

引越しでベッドは持っていける?ベッドの運搬方法と処分の仕方

更新日:2020年3月3日

引越しをしようとした時にベッドを新居に持っていくか、処分して新しく買い替えるかは悩みどころです。
ベッドは大きさや種類によっては運搬するのに解体が必要だったり、そもそも運べなかったりするものがあります。また、マットレスは大きさや種類によって容易に運び出せないものもありますが、ベッドと違い解体しての運搬は難しいです。
それでは引越しでベッドを持っていく、あるいは処分するにはどうすればよいのでしょうか。解体や運搬の方法、処分の仕方について詳しく見ていきましょう。

お見積もりはこちらから

価格.comの一括見積もりなら、1回の簡単入力で複数社へ見積もり依頼ができます!

一括見積もりスタート

引越しでベッドを新居に持っていく場合の運搬方法と注意点

ベッドは家財道具のなかでもとくに大きく、そのままでは運べないことがほとんどです。引越し先でも同じベッドを使用したい場合、まず以下の3つを確認しましょう。

  • ベッドを運びやすいサイズに解体できるか
  • 旧居からベッドを運び出せるか
  • 新居にベッドを運び込めるか、部屋の中に設置場所はあるか

引越しでベッドを運搬するための準備から運び出し、注意点をまとめました。

新居にベッドを持っていくため事前に準備しておくこと

運搬するベッドのサイズやタイプを確認する

引越しでベッドを運搬するには「ベッドを運びやすいサイズに解体できるか」の確認が必要です。 ベッドの大きさは一般的には縦幅が195〜200cmとなり、横幅はセミダブルより大きいベッドだと120cm以上にもなります。そのため、そのままではベッドを運べないということもあります。ちなみにベッドサイズの目安は下記をご参照ください。

  • セミシングル:80〜90cm
  • シングル:90〜100cm
  • セミダブル:120cm
  • ダブル:140cm

組み立て式ベッドの解体・組み立て方法

組み立て式のベッドを運搬するにはまず、解体作業を行います。また新居に運んだ後は解体前の状態に組み立てる必要があります。どちらの場合もきちんとした道具を使ってください。解体方法・組み立て方法については次のとおりです。

<用意するもの>
  • ドライバー
  • 六角レンチ
  • ネジをまとめて入れる袋
  • フレームをまとめるための紐、養生テープ、緩衝材(気泡緩衝材、古い毛布など)
※用意できればあるとよいもの
  • ベッドの取扱説明書、組み立て指示書
  • ペンチ
  • ニッパー
  • (プラスチック製の)ハンマー
<解体方法>
  1. マットレスを取り外し枠組みだけの状態にする
  2. スマートフォンやデジカメなどで解体する前のベッドの写真を細部まで撮影する
  3. 対角線上に少しずつネジやボルトを緩めて外し、なくさないように袋にまとめる
  4. 枠組みやフレームに注意して分解し、紐や養生テープでまとめ、緩衝材などで包む
※ベッドにランプが付いているタイプの場合

最初にコンセントを外してから、解体を始めてください。作業中に感電したり、配線コードを切ってしまったりする恐れがあります。

※ベッドに飾り棚スペースや引き出しが付いている場合

飾り棚や引き出しが抜きにくい時はプラスチック製のハンマーで叩いて抜き取りましょう。その際に鉄のハンマーは使用しないでください。叩いたところがへこんでしまい、ベッドを傷つけてしまいます。

<組み立て方法>
  1. ネジやボルト、フレームなど必要な部品がそろっているか確認する
  2. 解体時に撮影した写真を参考に組み立てる
  3. 全体的に軽くネジをとめたら、対角線上に少しずつきつく締めていく
  4. ゆがみ、きしみがないか確認してマットレスを付ける

組み立て式ベッドを解体・組み立てる時の注意点

組み立て式のベッドの解体や組み立てには下記の注意が必要です。

※解体・分解時の注意点
  • ベッドの部品の紛失に注意する
  • さびて固くなったネジを無理やり外さない
  • フレームを力まかせに取らない
  • 業者に頼む場合は解体料金がかかる場合がある
※組み立て時の注意点
  • ネジをとめる順番に注意して、少しずつ締めていく
  • 一人で組み立てる場合は、フレームの下に本などを積んで枠組みを平行に保つ
  • 引越し業者に頼む場合は、解体のみ対応可能で組み立てはしてくれない場合もある
※共通する注意点
  • 作業時は広いスペースを確保する
  • 床を傷つけないように段ボールや養生シートを敷いておく
  • 無理に作業をしない

解体、組み立て作業で一番大事なことは無理をしないことです。無理やり作業をしてネジやフレームが曲がるとベッドをきちんと組み立てられなかったり、きしみの原因になったりします。それだけでなく、けがをしたり床や壁などを傷つけたりする恐れもあります。自力での作業が難しいと思ったら、無理せずに引越し業者にまかせるのも1つの手です。依頼する業者が解体や組み立てに対応してくれるかは見積もりの際に確認するとよいでしょう。

折りたたみ式・解体できないベッドの事前準備と注意点

折りたたみ式のベッドや解体できないベッドの事前準備はそれほど必要ありません。マットレスなど外せるものだけ外しておきましょう。

折りたたみ式のベッド

折りたたみ式のベッドは折りたたんでコンパクトにするだけで運搬が可能です。ただ、折りたたんだ後のサイズでも運搬に支障がある場合は、組み立て式のベッドと同様に解体作業が必要になることもあります。

解体できないベッド

解体できないベッドを運ぶ場合、サイズが小さければ問題はありません。しかしセミダブル以上のベッド、とくにクイーンサイズやキングサイズなど大きなものは搬出・搬入にクレーンが必要になる可能性もあります。その場合、別途費用が発生することが多いので金額を確かめておきましょう。

新居にベッドを運搬する際の確認事項と注意点

ベッドを新居へ運ぶためには、まず「旧居からベッドを運び出せるか、新居にベッドを運び込めるか」を確認しましょう。 運搬経路の幅に問題はないか、ベッドを設置する部屋に十分なスペースがあるかどうかも大切です。 ほかにもベッドだけを運んでもらう場合や自分で運搬する場合など、運搬する際に気を付けるべき点を見ていきましょう。

運搬経路を確認する

ベッドは大きな家具のため、運搬経路の確認は必須です。クレーンでの搬出・搬入が必要になるかなども事前に確認しておきましょう。搬出・搬入ついては以下を押さえておくとよいでしょう。

部屋の入り口、玄関

部屋の入り口から出せないのでは運びようがありません。ベッドが入り口や玄関を通れるか、入り口の幅とベッドの幅、両方とも確認しておきましょう。

廊下

廊下を通れなければ外へ運び出すことはできません。また、マンションやアパートの場合、共有部分の廊下の確認も必要です。ベッドを運ぶのに十分な幅があるか確かめておきましょう。

エレベーター、階段

エレベーターがある場合、ベッドが入るスペースがなければ運搬で利用できません。階段を利用する場合は、階段の幅、踊り場のスペースなどの確認もしておきましょう。
入り口や廊下の幅、エレベーターの広さなどによりベッドを運び出せない時はクレーンで搬出・搬入を行ってくれる場合があります。ただ、別途追加料金が発生する可能性がありますので、事前に運搬経路の確認をして、業者に見積もりをする際に相談してみましょう。

自分でベッドを運搬する場合

引越し費用を安く済ませるために自分でベッドを運べるのか気になる人もいるでしょう。自分でベッドを運ぶ場合は以下をふまえて行ってください。

  • ワゴンやミニバン、トラックなど、ベッドを運べる自動車を用意する
    ※2017年3月11日までに普通自動車免許を取得した人ならば2tトラックも運転できます
  • ベッドを運ぶ際に傷つけないよう、運搬経路にある曲がり角や階段、エレベーターはあらかじめ段ボールなどで養生しておく
  • 2人以上で運搬を行う
  • 運搬する際は安全のため軍手を付け、室内であっても靴を履く
    ※前もって玄関までの経路に段ボールや養生シートなどを敷いておくとよいでしょう
  • 運搬中にベッドや自動車を傷つけないように、荷台にロープなどで固定する

自分でベッドを運ぶ場合、運搬中に何かあっても保険がききません。安全に注意して、無理せずに運搬しましょう。

ベッドだけを運んでもらう場合

引越しを安く済ませたい、けれどベッドを自分で運ぶのは難しいという場合はベッドだけ業者に運搬してもらう方法もあります。その場合は次の点に注意し、引越し業者、宅配便などの料金やサービスをよく比較して、検討してみましょう。

  • 依頼する引越し業者や宅急便、宅配便業者に指定の家財道具だけでも運搬してくれるプランがあるかどうか確認する
  • 引越し先までの距離やベッドのサイズによって価格が変わってくる
  • ベッド以外の荷物は自分で運ぶ必要がある

業者によっては大型家具のみの運搬も対応してくれますので、ベッドの運搬とあわせて確認してみてもよいでしょう。

マットレス・布団を運ぶ方法・注意点

ベッドの運搬で見落としがちですが、マットレスや布団を運ぶのにも注意が必要です。それぞれの注意点や運搬については以下のとおりです。

<マットレス>
  • 三つ折りや半分に折りたためるものはコンパクトにまとめて布団袋などで梱包する
  • 折りたためないマットレスは幅広のラップや古い毛布などで角までしっかりと覆い、全体を包む
    ※ネットなどでマットレス梱包用のカバーを購入もできますので、利用してもよいでしょう
  • マットレスはものによって20kgを超えることもあるため、一人で無理せず複数人で運ぶ
<布団>
  • 小さくたたんで布団袋や圧縮袋に梱包する
  • 羽毛布団は圧縮袋に入れると元の状態に戻らなくなることもあるため注意する
  • 布団の間に割れ物などを入れると運搬時に破損する危険があるため、緩衝材代わりに使用しない
※引越しが雨の日だった場合

マットレスや布団が雨で濡れないようにビニール袋に包んで運搬する

※業者に依頼する場合

マットレス梱包用のカバーや布団袋の用意がある業者もあるので、事前に何枚提供してもらえるか確認しておく

マットレスも布団も快適な睡眠には欠かせないものです。引越しで汚してしまわないよう、ていねいに梱包して運びましょう。

引越しを機にベッドを買い替える場合の処分方法

新居に運び込めないなどの理由で引越しを機に新しいベッドを購入する人もいるでしょう。ベッドを処分する場合、主な方法としては以下の5つがあります。

  • 自治体に回収をお願いする
  • 新しく購入したお店で引き取ってもらう
  • 不用品回収業者に依頼する
  • リサイクルショップやフリマアプリ、ネットオークションを利用する
  • 引越し業者に引き取ってもらう

それぞれ、どのように処分すればよいのでしょうか。処分方法やポイントを押さえておきましょう。

自治体に回収をお願いする

ほとんどの自治体ではベッドを粗大ごみとして回収してもらうことができます。自治体での回収は地域によってルールが異なりますので、自分の地域がどのように回収しているか、よく確認しておきましょう。回収までの基本的な流れや注意点は次のとおりです。

<回収までの流れ>

  1. インターネットや電話で事前に申し込みをする
  2. 粗大ごみのシールを購入する
  3. Aに「収集日」と「受付番号または名前」を記入してベッドのわかりやすい場所に貼る
  4. 回収日に指定の場所にベッドを出しておく

※主な回収場所(自治体の案内も確認してください)

  • 一軒家の場合…玄関や門前など
  • マンションやアパートの場合…1階の入り口付近の収集しやすい場所など

<ポイント>

  • ベッドの大きさによって処理手数料が変わるため、事前にサイズを測り、申し込みの際に確認しておく
  • 指定の時間までに回収場所に出しておく
  • 回収場所は通常のごみ収集場所とは異なる
  • 回収場所までの運搬は自分で行う必要がある

一部自治体ではLINE受付で粗大ごみ回収の申し込みが可能です。(2020年2月時点で福岡市のみ) LINE Payでのお支払いとすれば粗大ごみのシールの購入も不要となります。該当地域にお住まいの方はLINE受付を利用してもよいでしょう。

新しく購入したお店で引き取ってもらう

ベッドを買い替える場合、購入したお店で古いベッドを引き取ってもらえることもあります。お店での引き取りは以下に注意して、確認しておくとよいでしょう。

<ポイント>

  • 引き取り可能なベッドは購入したものと同程度のサイズ、同数まで
    ※お店によって条件が異なる場合もあるので、購入時に確認をしてください
  • 新しく買うベッドのサイズや価格によって対象商品が限定されている場合がある
  • 引き取り手数料がかかるお店もある
    ※料金によっては粗大ごみとして自治体に回収してもらうほうが安く済むこともありますので注意しましょう
  • 引き取りの際に玄関までの運び出しや解体を自分で行わなくてはならない場合もある
  • 購入品の配送と引き取りのタイミングは同時に
    ※引き取りを依頼することで配送日時が限られたり、日時指定ができなくなる可能性もあります
  • 配送と引き取りは別の住所にはできない場合が多い
    ※どちらかのベッドは旧居から新居へ運搬するために別の手段を考える必要があります

たとえば脚付きマットレス1点を購入の場合、ベッドとマットレス各1点の引き取りが可能なお店もありますが、マットレスのみの引き取りとするお店もあります。購入するお店がどのような条件や手数料となるか、希望する条件を満たせるかどうかよく考えて検討しましょう。

不用品回収業者に依頼する

ベッドを不用品回収業者に引き取ってもらう方法もあります。業者や対象の地域などによって費用が変わってきますので、複数の業者に見積もりをお願いして確認するとよいでしょう。自治体の回収の日程が合わない場合や急いで処分したい時などは利用してもよいかもしれません。

<ポイント>

  • 料金は自治体の回収費より高額になることが多い(業者や地域によって変動あり)
  • 家までベッドを回収に来てくれるため、運搬に手間がかからない

リサイクルショップやフリマアプリを利用する

ベッドの状態がよければリサイクルショップで買取ってもらったり、フリマアプリやネットオークションで販売することも可能です。どちらの場合も販売金額を引越し費用の足しにできる点はメリットですが、デメリットもあります。 リサイクルショップやフリマアプリなどを利用する時は以下に注意しましょう。

<ポイント>

※リサイクルショップで買い取ってもらう場合
  • ベッドの買い取りに対応していないショップがある
    ショップによってはベッドの買い取りに対応していない場合があります。WEBサイトや電話で確認しましょう。
  • 出張買い取りを実施しているショップなら運搬の手間がかからない
    ベッドをリサイクルショップまで持って行くのは大変ですが、出張買い取りで自宅まで来てもらえれば運搬の手間がかかりません。
※フリマアプリ、ネットオークションなどを利用する場合
  • 購入率はそれほど高くない
    新しいベッドや高級ベッドなら売れるかもしれませんが、引越しするまでに買い手が見つからない可能性もあります。
  • 配送手続きや梱包を自分で行う必要がある
    買い手が自宅まで引き取りに来てくれることは稀です。配送する場合、梱包や配送業者の手配を自分でしなければなりません。
  • 思った以上にお金がかかる
    ベッドが無事に売れたとしても、配送料、梱包資材の購入費用、フリマアプリの利用料や手数料など意外とお金がかかってしまい、結局いくらも手元に残らないということもありえます。
    配送料は相手に負担してもらうのか、利益が少なくなったとしても処分することを優先するのかなど、よく考えて価格を設定しましょう。

引越し業者に処分してもらう

引越し業者によっては不用品を引き取ってくれるところもあります。依頼する業者が処分に対応してくれるかは見積もりの時に確認しておきましょう。

<ポイント>

  • 引越し代金のほかに別途費用がかかる場合がある
  • 引越しとベッドの処分をまとめてできる

ベッドの運搬は引越し業者にまかせよう

ベッドの運搬は解体が必要だったり、人手が必要だったりと自分で行うには大変です。ほかにも引越しの準備を進めるなかで余計な手間や時間がかかってしまいます。同じベッドを引越し先でも使いたい場合、無理せず引越し業者にまかせましょう。 なるべく安く、安心してまかせられる引越し業者を探すには一括見積りを利用するとよいでしょう。

お見積もりはこちらから

価格.comの一括見積もりなら、1回の簡単入力で複数社へ見積もり依頼ができます!

一括見積もりスタート

関連記事

引越し先が決まっていない方はこちら

引越し手続き完全ガイド

引越し前にやること

日程を決める
業者を決める
住居の手続き
住所変更
荷造り・梱包
不用品処分・掃除
専門業者に依頼

引越し前日にやること

引越し当日にやること

引越し後にやること

引越しトピックス

引越し関連コンテンツ

ネットでカンタン入力

このページの先頭へ

Copyright © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止