価格.com

引越し

引っ越し見積もり依頼

人気の引越し業者にまとめて見積もり依頼! 一番安い引越し業者が見つかる!

  • アート引越センター
  • サカイ引越センター
  • ケーエー引越センター
  • アリさんマークの引越社
  • ハトのマークの引越センター
  • ハート引越センター
  • 引越本部長
  • なにわ引越センター
  • アップル引越センター
  • ラクダの引越便 中国トラック
  • 興進引越センター

現在の郵便番号
引越し先の住所
引越し人数

引っ越しの一括見積もりを利用した業者選び

価格.comの一括見積もりなら、1回の簡単入力で複数社へ見積もり依頼ができます!

  • 一括見積もりの依頼
    引越し内容をご入力ください。最短3分の簡単入力。見積もりが欲しい業者に一括で依頼できます。
  • 業者から見積もり連絡が届く
    引越し業者から電話かメールで連絡が届きます。その中で条件に合う業者を検討。
  • 自分に合った業者に決定
    料金の安さ、サービスの充実度など、一括見積もり結果を比較して自分に合った業者に申し込み。

※引越し条件によっては訪問見積もりになる場合があります。

あなたの引越し料金を調べましょう。荷物量やお住まいの地域によって対応できる引越し業者も様々。実際の引越し条件を入力して、あなたの引越し料金を知りましょう。

現在の郵便番号
引越し先の住所
引越し人数

見積もり無料、入力はたった3分

一括見積もりスタート

引越し業者ランキング

集計日:2022年12月09日

  大手引越し業者ランキング 地域密着業者ランキング
1
  • 引越し作業 4.11
  • サービス 3.89
  • 接客対応 4.03
  • 料金 3.70
  • 引越し作業 3.39
  • サービス 3.04
  • 接客対応 3.19
  • 料金 3.55
2
  • 引越し作業 4.03
  • サービス 3.84
  • 接客対応 3.97
  • 料金 3.46
  • 引越し作業 4.85
  • サービス 4.66
  • 接客対応 4.81
  • 料金 4.75
3
  • 引越し作業 3.97
  • サービス 3.74
  • 接客対応 3.89
  • 料金 3.74
  • 引越し作業 3.83
  • サービス 3.68
  • 接客対応 3.84
  • 料金 4.16
4
  • 引越し作業 3.86
  • サービス 3.53
  • 接客対応 3.73
  • 料金 3.78
  • 引越し作業 4.74
  • サービス 4.56
  • 接客対応 4.61
  • 料金 4.65
5
  • 引越し作業 4.15
  • サービス 3.91
  • 接客対応 4.06
  • 料金 3.95
  • 引越し作業 4.25
  • サービス 4.01
  • 接客対応 4.06
  • 料金 4.28

新着レポート

作業はスムーズだった。

なにわ引越センター

3
  • 引越し作業 4
  • サービス 4
  • 接客対応 4
  • 料金 2

2022年12月08日 19:26 [No.35988]

【引越し作業】
作業はスムーズで、追加費用で養生代もかかりましたが部屋までの養生はしっかり行ってくれました。

【サービス】
特にこれといったサービスを受けた記憶はないです。

【接客対応】
3人いてメインだった人が素っ気ない感じでしたが、普通に仕事はしてくれました。

【料金】
訪問見積もりして基本料金に追加料金を上乗せした割には、当日の荷台量が一台のトラックで収められたり(見積り時は2台必要と言われた)、新居の部屋内の養生はされず汚れてたので料金には見合ってなかったと感じた。

【総評】
作業自体は早く終わったので良かったが、特に良い印象は無かった。

営業の方、作業スタッフの方共に素晴らしい対応。

Life Link引越センター

5
  • 引越し作業 5
  • サービス 5
  • 接客対応 5
  • 料金 5

2022年12月09日 10:21 [No.35989]

【引越し作業】
他社では、荷物が多いから5、6時間掛かる、と言われたのですが、ライフリンクさんにお願いしたら、トータルで3時間程度で終了しました。作業内容も丁寧で素早くて、とても助かりました。

【サービス】
引っ越し作業が始まってから、照明器具の取り外しや取り付け、ガステーブルの取り外し、梱包が済んでいない荷物の追加などの相談に気持ちよく対応いただきました。

【接客対応】
3歳の娘にも皆さん優しく対応してくださり、娘が本当に楽しそうでした。
小さい子どもにとって、引っ越し作業を待つ時間はとても退屈だろうからぐずったりしないか心配していましたが、おかげさまでとても楽しんでご機嫌でした。
子連れ引っ越しは想像を絶する大変さでクタクタでしたが、ホッと力が抜ける引っ越し日でした。

【料金】
他社では倍の金額の見積もりだったり、見積もりのその場で即決を迫られたのと比べて、本当に良心的でした。資材の追加が無料というのも大きかったです。

【総評】
全てが大満足でした。
営業の方、作業スタッフの方、電話対応の方、皆さんが丁寧で対応も早く素晴らしかったです。
引っ越しを控えている友人にも勧めました。

引っ越し料金を安く抑える方法

引っ越し料金を安く抑えるポイントは?

繁忙期を避けて引っ越すなど条件をうまく組み合わせることで引っ越し料金を安く見積もることができます。詳しくは後述しますが、引っ越し見積もりを安く抑えるためのおおまかなポイントは以下の通りです。

時期 3月〜4月の繁忙期を避ける
日程 土・日・祝日や大安、月末など人気の引越し日を避ける
時間 午前中の引っ越しを避ける・時間指定をしない
その他 不用品は先に処分して荷物を減らす・有料オプションを利用しない

単身引越しを安く抑えるには

単身引っ越しの費用を安くするにはどのような方法があるのでしょうか?
単身引越しで利用できるプランは2種類あります。1つ目は大きさの決まったコンテナに荷物を積み込んで運ぶ「単身パック」プラン。 2つ目はトラックを貸し切り荷物を積み込む「単身プラン」です。 名前がよく似ている2つのプランですが、費用を抑えたい場合は「単身パック」プランを利用するのがおすすめです。

「単身引越しの料金相場」のポイント

料金
荷物量
訪問見積もり
ダンボール提供

単身パック

安い
なし
なし

単身プラン

高い
あり
あり

引っ越し見積もりの金額が安くなる時期はいつ頃?

引っ越し料金は、人気が集中する3月と4月が最も高くなります。人気が下がる閑散期に比べ、引っ越し見積もりが1.5倍〜2倍になることも。 引越しをする人が増えればどこの引っ越し業者にも多くの見積もり依頼があり、他社と価格競争をする必要がなくなるため引っ越し見積もりも高くなる傾向があります。 また、9月頃も社会人の転勤や転職シーズンなので、引越し業者には多くの見積もり依頼が集中するため注意が必要です。
そんな繁忙期であっても、引っ越し一括見積もりサービスを活用すれば、繁忙期でも空きのある引っ越し業者を効率的に見つけることができ、引越し料金を安く抑えることができる可能性があります。

平日と休日、時間帯で引っ越し見積もりの金額は変わる?

入学や入社、転勤、結婚、同棲など引越しをする理由はさまざまです。いつ引越しをするのかは引越し理由によってある程度決まりますが、曜日や時間帯を気にしたことはありますか? 土日や祝日は、休暇をとる必要がなく時間の調整が付けやすいため非常に人気です。なかでも土曜は翌日に後片付けができるので依頼が集中するため引越し見積もりが高くなる傾向があります。
一方で、平日は引っ越し希望者が少ない傾向があるので、見積もりは安くなります。
また、一括見積もり時に、時間帯を指定することができますが、午前中の引っ越しはその日のうちに引っ越し作業が完了して夜には後片付けができるため、見積もり金額が高い傾向があります。

引越し開始時間 単身 家族
午前 55,812 105,341
午後 45,430 93,181
  • [更新日] 2022/04/21
  • [集計期間] 2017/04/01〜2022/03/31

その他、月末は賃貸契約の切り替わるタイミングであるため、引越し見積もりの金額が高くなることがあります。

月のタイミング 単身 家族
月初 50,764 99,567
月中 49,880 96,366
月末 57,572 112,047
  • [更新日] 2022/04/21
  • [集計期間] 2017/04/01〜2022/03/31

さらに詳しいポイントについては以下の記事でご紹介しています。

必ず相見積もりを!引っ越し業者の選び方

全国規模の大手から地域密着型の中小まで数多くの引越し業者が存在しますが、どのような基準で選べばよいのでしょうか?
引っ越し見積もりを依頼してから業者を決めるまで、一括見積もりを活用して手間を省く便利な方法と、引越し業者を選ぶチェックポイントを以下の記事でご紹介しています。

引っ越しの一括見積もりを依頼する時期はいつ?

「まだいろいろ決まっていないので早いかな?」と依頼に踏み切れない人もいると思いますが、遅れてしまうと希望の引越しができないことも。引越し業者が見積もり金額を算出するために必要なのは、「引越し先」「荷物量」「引越し日程」の3つです。
そのため、「引越し先」「荷物量」「引越し日程」がある程度決まった時点ですぐに一括見積もりを依頼することをおすすめします。

契約後にキャンセルできる?キャンセル料は?

引越し業者と契約を交わした後でも引越しのキャンセルは可能です。3日前まではキャンセル料もかかりません。ただしキャンセル前にダンボールなどをもらっていた場合は、返却または買い取りする必要があります。

引越し手続き完全ガイド

一括見積もり後の引越し業者の選び方から、掃除・荷造りのテクニックまで、最低限知っておきたい引っ越しのノウハウを紹介しています。引っ越しで失敗しないために、参考にしながら引っ越し準備を進めていきましょう。

引越しやることリスト

引越しが決まって〜1か月前にやること

退去日・入居日を決める

引越しの日程が決まらなければ、その後の手続きもなかなか進められません。まずは退去日・入居日を決めましょう。賃貸の場合は賃貸契約書を見て、いつまでに退去日を知らせる必要があるのか確認しておきましょう。

引越し業者に一括見積もり依頼し見積もりを比較し業者を決定

退去日・入居日が決まったら、枠が埋まってしまう前に早めに引越し業者に一括見積もりを依頼し、見積もりを比較しましょう。見積もりが届いたら相場情報からシミュレーションした金額と比較し、見積もりが妥当か確認し引越し業者を決めましょう。引越し料金には定価がなく、混み具合や時間帯などさまざまな要因で変動するため、複数の業者の見積もりを比較することが大切です。

転校手続き

転校の手続きにはっきりした期限は設けられていませんが、学校側は早めに把握しておきたいため引越しが決まったらすぐに学校に相談しましょう。転校の手続きには移転先エリアだけでなく、小中高のどの段階か、公立か私立かなど、状況により必要な手続きは異なります。

引越し1か月前〜2週間前にやること

ガス・水道・電気・電話・インターネットなどの使用停止・開始手続き

ライフラインの手続きはとても重要です。インターネットや固定電話は工事が必要になる場合もあるため、引越し後すぐに使いたい場合は1ヶ月前には手続きを進めておきましょう。ガス・水道・電気は2週間前、遅くとも1週間前には手続きしておきましょう。契約している会社によっては立ち会いが必要な場合や工事内容が異なる場合もあるため早めに確認しておきましょう。

火災保険・地震保険の手続き

火災保険の保険料は、対象となる住まいの居住形態や立地エリアなどで異なります。現在契約している保険が引き継ぎ可能な場合も保険料の再計算や住所変更手続きが必要です。火災保険は途中で解約しても残りの期間分の保険料は返金されるので安心して早めに保険会社に相談しましょう。

不用品・粗大ゴミの処分

引越しでは意外にたくさんの不用品がでます。計画的に処分しないと狭いスペースで荷造りをしなければならなかったり、処分するための費用がかさんでしまったりすることもあります。引っ越し前にネットオークションやリサイクルショップでの買取を検討するのもよいでしょう。不用品によって異なる処分方法を確認し、余裕をもって行動しましょう。

梱包資材の調達

引越しではダンボールがないと梱包が始められないため、早めに確保しておきましょう。引越し業者に用意してもらうこともできますが、ほかにもいくつかダンボールを入手する方法があります。

引越し2週間前〜1週間前にやること

転出する市区町村での手続き

市区町村が変わる引越しでは、転出届の提出が義務付けられています。期限内に提出しないと過料を科せられることもあるので気をつけましょう。また、転出届は代理人に提出を頼んだり、役所窓口に郵送したりしても受け取ってもらえます。期日までに手続きが完了するよう、無理のないスケジュールを組んでおきましょう。 また、勤務先の保険に加入していない自営業の人や会社を退職した人は国民健康保険の手続きが必要です。児童手当を受け取っている人はこちらも忘れずに済ませましょう。

郵便物の転送手続き

郵便局に転居届を出すことで、引越し後に旧住所へ届いた郵便物を転送開始希望日から1年間無料で転送してもらえます。引越ししたのを知らずに送られた郵便物を届けてもらうことができるので手続きしておきましょう。インターネットでも申請ができますが、すぐに転送がかからない場合もあるので引越し1週間前に余裕を持って手続きを済ませておくと安心です。家族のうち1人だけが引越す場合、引越す人宛の郵便物だけを転送することもできます。移転先でスムーズに転送物を受け取れるよう、時間には余裕をみておきましょう。

普段使わないものから荷造り開始

荷造りは使用頻度の低いものから順に進めるのがおすすめです。季節もの・押し入れの奥にあるものなど普段使わないものなら、早めに梱包してしまっても日常生活に影響はありません。荷造りは想定以上に時間がかかる場合もあるため1週間前には進めておきましょう。大型家具、家電製品など業者の資材を利用するものは梱包する必要がありません。引越し業者が決まったら梱包が必要なもの必要じゃないものを引っ越し業者に確認しておきましょう。

引越しはがきの用意

必須ではありませんが、引越しはがきを事前に用意しておくことで引越し後の連絡をスムーズに行えます。引っ越しはがきは予期せぬ来訪や便りに備えて引越しから1か月以内、どんなに忙しくても3か月以内には連絡をするのが望ましいです。

引越し1週間前〜前日にやること

引越しあいさつ品の用意・旧居での引越しあいさつ

最近では希薄になりつつあるという近隣との付き合い。旧居や新居であいさつを行う場合はあいさつ品の用意しておきましょう。近所に住んでいて付き合いのあった人には引っ越しの前日までに挨拶しておきましょう。

前日まで使っていたものの荷造り

引っ越しの前日まで使ったものを梱包しましょう。ギリギリまで使う掃除用具やトイレットペーパーなどをしまうためのダンボールも用意しておきましょう。新居でもすぐ使うものは分かりやすいようにダンボールに印をつけておくと後で取り出しやすく便利です。

引越し当日(旧居)にやること

引越し作業員との打ち合わせ、作業確認

引越し業者が到着したら、引越し作業の流れを確認します。ほかにも、壊れやすいものやキズつきやすいものがあれば伝えておきましょう。 心付けを渡したい場合には、作業開始前のタイミングで挨拶も兼ねて渡すとコミュニケーションがとりやすくなります。

退去時の掃除

経年劣化を除いて、借主が入居した時と同じ状態にするために敷金が使われるので、掃除をすればきれいになる所を放置していてはその分の清掃費を引かれてしまう場合もあります。出費を抑えるためにも、気持ちよく引越しをするためにも、きちんと掃除をしてから退去しましょう。忘れ物がないかも必ずチェックしましょう。

エアコン、照明器具の取り外し作業立会い

エアコンや照明器具を新居に運ぶ場合は、事前に専門業者や引越し業者に依頼する必要があります。引越し当日は取り外し作業に立ち会いましょう。取り外し作業が終わった後、パーツやネジを紛失しないように管理しましょう。

当日(新居)にやること

ガス・水道・電気の使用確認

電気や水道はそのまま使えることが多いのですが、ガスの開栓には立ち会いが必要です。申し込み時に指定した時間に間に合うよう行動しましょう。

引越し料金の精算

荷物やダンボールが全部運び込まれたか、キズや破損がないかなど引越し業者と一緒に確認し、問題がなければその場で引越し料金を精算します。何かトラブルがあったらすぐ作業員に確認し、必要があれば引越し業者の営業所へも連絡しておきましょう。

新居での引越し挨拶

引越し前に挨拶をしていない場合は、当日に近所へ挨拶をします。荷物の搬入やガスの開栓を終えてからで問題ありませんが、遅い時間になってしまった場合は翌日以降にしましょう。

引越し翌日以降にやること

転入する市区町村での手続き

転入届は転入した日、つまり引越してきた日から14日以内に届け出ることが義務付けられています。忘れずに転入届を提出し住民票を移動しましょう。 マイナンバーカードを所持している場合は転入届提出時にカードの裏面に新住所の追記をしてもらいましょう。 また国民年金保険の住所変更も転入届を提出する際に一緒に行いましょう。

学校の転入手続き

公立の小中学校の場合は、移転先の役所へ転入届と転出証明書を提出し、役所内に設置されている教育委員会から「入学通知書」を発行してもらいましょう。指定された転校先へ在学中の学校から発行された「在学証明書」「教科書給与証明書」と役所で発行した「入学通知書」を提出し手続き完了です。 私立の学校や高校は地域や学校によって手続きが異なるため引越し前に確認が必要です。

金融機関への住所変更届

銀行やクレジットカードの住所変更も忘れずに行いましょう。変更しないとすぐに機能しなくなるわけではありませんが、重要な通知が届かず宛先不明で返送された場合一時的に利用制限される場合もあります。 金融機関にもよりもますがインターネットで変更できる場合もありますので早めに住所変更を済ませておきましょう。

自動車やバイクに関連する登録内容変更手続き

免許証の住所変更をしなくても、すぐに免許証が無効になることはなく車の運転をすることも可能です。 しかし、住所変更をしないと免許更新のはがきが届かない、身分証明書として使用できないなどの弊害があるため速やかに変更しましょう。

荷解き、使用済みダンボールの処分

当日中にすべての荷解きを終える必要はありません。その日すぐに使うものから始めましょう。使い終わったダンボールを引越し業者に回収してもらう場合は引き取り日時を確認しておき、間に合うように荷解きを済ませましょう。

必読!よくある引っ越しのトラブル

引っ越しは、家中の荷物をすべて運び出し新居に移すという、大変な作業を伴います。たとえプロの業者に頼んだとしても、大小様々なトラブルに見舞われることも少なくありません。
引っ越しトラブルで多いのが「荷物の破損・紛失」「作業の不履行」「引越し料金」に関することと言われています。このような引っ越しトラブルに直面した時に拠り所となるのが、引っ越しの基本ルールを定めている「標準引越運送約款(PDF)」です。約款には引っ越しに関する決まり事が記載されており、事業者は見積もり時にこれを提示しなければなりません(※独自の約款を採用している引越し業者もあります)。利用者側も約款を受け取るだけでなく、内容の確認も忘れずにしておきましょう。
以下にトラブルが起きやすいポイントを挙げてみました。

荷物

各家庭には大きいもの、重いもの、壊れやすいもの、高価なもの、要冷蔵のもの、様々な荷物が存在します。これらの荷物をすべて同一業者が引き受けてくれるのか、引っ越し後、荷物は無事に運搬されたかなど、業者まかせにせずきちんと確認しておきましょう。

2か月後に家具のキズを発見。業者の責任を追及できますか?

引っ越し中に発生した破損については、引っ越し後3か月以内であれば、引越し業者の責任を問うことができます。ただし、引っ越し後時間が経ってしまうと、引っ越しの最中に付いたキズか、その後利用した時に付いたものか、責任の所在があいまいになることがあります。
できれば引っ越し後すぐに荷物の点検を行っておきましょう。

  • 参考:標準引越運送約款 第二十五条1

中古のソファーを汚されたのに新品と交換してくれませんでした。

基本的に、中古品がそっくりそのまま新品に変わることはない、と考えるのが妥当です。ちなみに、損害の補償方法は以下の順番で行われます。

  1. 修理
  2. 代替品提供
  3. 時価の補償

大切なものは、きちんと梱包・運搬してもらうよう一括見積もり後に確認しましょう。

  • 参考:標準引越運送約款 第二十五条1

あなたの引越し料金を調べましょう。荷物量やお住まいの地域によって対応できる引越し業者も様々。実際の引越し条件を入力して、あなたの引越し料金を知りましょう。

現在の郵便番号
引越し先の住所
引越し人数

見積もり無料、入力はたった3分

一括見積もりスタート

引っ越し業者別の
相場・評価・レポートを見る

ネットでカンタン入力

  • 見積もり無料、入力はたったの3分

    一括見積もりスタート

このページの先頭へ

Copyright © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止