価格.com

引越し

引越し時の水道の手続きとは?忘れると請求が続いてしまう?

引越し手続き完全ガイド 費用を安くするコツや手続きリストなど、効率よく引越しできるお役立ち情報をご紹介します。
  • 引越し前にやること
  • 住所変更

引越し時の水道の手続きとは?忘れると請求が続いてしまう?

更新日:2020年2月5日

水道の手続きを忘れてしまうと、自分が使っていなくても引越し後の旧居の水道利用料金を請求されたり、新居ですぐに水を使えなかったりといったトラブルに発展しかねません。 引越しをする時に水道の手続きで必要になるのは主に「現住所での停止」と「新住所での開始」の2つがあります。いざ引越しをしようとした時にどうすればよいか基本的な流れや注意点を押さえておきましょう。

お見積もりはこちらから

価格.comの一括見積もりなら、1回の簡単入力で複数社へ見積もり依頼ができます!

一括見積もりスタート

現住所で必要な水道の使用停止手続きについて

引っ越しまでの水道料金の精算やどんな手続きが必要になるかなど疑問に思う人もいるでしょう。まずは引越しをする時に現住所で必要になる「水道の停止手続き」について詳しく見ていきます。

手続きの流れ

現住所における水道停止手続きは、引越しをする前に行うのが望ましいです。手続きは管轄の水道課または水道局に連絡をするだけで行えて、退去時に立会う必要もありません。連絡の方法は電話が一般的ですが、地域によってはインターネットでの手続きも可能です。この手続きを忘れてしまうと引っ越し後も元の住所での水道料金がずっと請求され続けてしまうので注意しましょう。使用停止の申し込みをする時には以下の情報が必要になります。

  • お客様番号
  • 契約者氏名
  • 現住所
  • 水道の利用を停止する日時
  • 引越し先の住所

お客様番号は検針票、請求書、領収書などに記載されています。もしお客様番号がわからなくても、水道局に電話した時に事情を説明すれば、本人確認をして手続きを進めてくれます。連絡は1週間〜3日前にはしておきましょう。 電話で手続きを行う場合、曜日や時間帯によっては繋がりにくかったり、土曜日や日曜日、祝日の受け付けをしていなかったりすることもあるので注意が必要です。連絡を忘れて当日に気付いた時でも、引越し当日に電話をすれば問題はありません。ただ、停止までに数日かかる場合もあるため早めに手続きを済ませておいたほうがよいでしょう。

引越し当日まで使用した分の精算方法

引越しをする月の水道料金は実際に使用した従量料金と基本料金を日割りで支払うのが基本です。支払い方法は主に以下の3つがあります。

①口座振替やクレジットカードで支払う

引越し後に指定の口座やクレジットから請求金額が引き落とされます。今まで口座振替やクレジットカードで支払っていた人は従来の口座やクレジットでの引き落としも可能です。

②請求書による支払い

使用停止を申し込んだ時に伝えた新居に請求書を送ってもらい、引越し後に精算します。

③退去時に集金を依頼する

引越する時に水道局・水道課の係員に集金に来てもらい精算します。この場合のみ当日に立会いが必要となります。

支払い方法については地域によって対応が異なります。口座振替やクレジットカードなどは水道局の管轄が変わると対応していないこともあるので、事前に転居後の水道局にどんな支払い方法があるのか確認しておくとよいでしょう。 また、引越し後に精算する場合には、請求された金額が本当に合っているのか確認するため、退去時にスマホやデジカメなどでメーターの数値を撮影しておきましょう。その際に日付も入れておけば、もしも水道局から過剰な請求がきたとしても正しい金額がわかるので安心です。 ただ、水道料金の滞納がある場合はすべて支払ってからでないと転居先で水道を使うことはできません。新居で水道をすぐに使えるよう、精算しておきましょう。

水道停止手続き後の使用について

水道停止後に水道を使おうとしても閉栓が終わっていれば水が出てこないので問題はありません。しかし掃除やトイレのために閉栓される前に使ってしまうこともあるでしょう。メーターが回らなければ追加で請求されることはありません。たとえば東京都水道局の場合、1立方メートルまではメーターが回らないのでトイレを数回使った程度であれば請求されずに済むことが多いでしょう。ただ、それを超えてしまうと停止後に使用した分も別途精算が必要になります。

引越し先で必要な水道の使用開始手続き

次に引越し先で水道を使用するために必要な「開始手続き」について見ていきましょう。水道局の管轄が同じかそうでないかで手続きが変わるのでそれぞれの方法を紹介します。この手続きを済ませないといつまでも水道が使えないので必ず行うようにしましょう。

引越し先が同じ水道局の管轄内の場合に必要な手続き

引越ししても水道局の管轄が変わらない場合は水道の使用停止手続きと同じタイミングで開始手続きもできます。引越し先の住所を伝える時に管轄を確認してもらえて、管轄内であれば引越し日に合わせて開栓してくれます。支払い方法についてもクレジットカードや口座振替の情報を改めて提出する必要はなく、お客様番号を伝えるだけで継続手続きが可能です。ただし、新居での使用開始日が決まっていない場合には後日連絡をし、使用開始の手続きを行う必要があります。

水道局の管轄が変わる場合に必要な手続き

引越しによって管轄の水道局が変わる場合には、新居がどの水道局の管轄下にあるかを調べて開始手続きをする必要があります。電話での連絡がスムーズですが、インターネットや郵送でも可能です。申し込みをしてから利用開始までに数日かかることが多いので、早めに連絡しておきましょう。申し込みの際には連絡先や支払情報など書面での提出が必要になることがあります。その場合は水道局の窓口に直接出向くか、郵送で提出しましょう。郵送で提出する際には書類の到着までに日数がかかるので注意が必要です。また、支払い方法については管轄が変わると以前の水道局が対応していた方法が使えないこともあるので、あらかじめ確認しておきましょう。
使用開始時には立ち合いは不要で、指定した使用開始日に蛇口をひねると水が出てきます。

水が出ない場合の対処法

水道の使用開始手続きをしたはずなのに新居で水が出ないということもまれにあります。水道料金を滞納していたケースを除けば、たいていは新居側に問題があり、水道メーターの手前にある元栓に相当するバルブが閉まっている可能性が高いです。この場合には自分でバルブを開ければ水が出てくるようになります。また、単純に使用開始手続きが完了していないこともあります。バルブの位置や開栓の方法、手続状況についてわからなければ、管轄の水道局に連絡して確認してみましょう。
ほかの原因としてはポンプの故障や水道点検の実施などが考えられます。どちらの場合でも管理会社に連絡して点検や故障についての情報を聞き、とくに情報がなければ水道工事会社などに相談して対処しましょう。

引越し時の水道手続きは余裕を持って行おう

引越しの時にはいろいろな手続きがあるので対応を忘れてしまうこともあるかもしれません。新居で水が使えないまま生活を始めるのは不便なので、引越しの予定が決まった段階で早めに連絡をするようにしましょう。

お見積もりはこちらから

価格.comの一括見積もりなら、1回の簡単入力で複数社へ見積もり依頼ができます!

一括見積もりスタート

関連記事

引越し先が決まっていない方はこちら

引越し手続き完全ガイド

引越し前にやること

日程を決める
業者を決める
住居の手続き
住所変更
荷造り・梱包
不用品処分・掃除
専門業者に依頼

引越し前日にやること

引越し当日にやること

引越し後にやること

引越しトピックス

引越し関連コンテンツ

ネットでカンタン入力

このページの先頭へ

Copyright © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止